視力を維持しよう!目の健康に注意して 視力を保つためのケア・治療について

視力矯正

コンタクトレンズ

眼鏡のレンズにガラス製とプラスチック製があるように、コンタクトレンズにもハードタイプとソフトタイプの別があります。

ハードタイプの特徴は視力矯正の効果が高いという店です。強度の屈折異常を眼鏡で強制使用とすると、どうしても視野のゆがみが生じてしまいます。しかし、ハードタイプのコンタクトレンズなら違和感のない視界を得ることが可能です。

以前は、ハードタイプは酸素の透過性が低く角膜に大きな負担がかかることが課題でした。現在は、材質にシリコン系樹脂とフッ素系樹脂を混ぜることでその問題を解決していますが、そのせいで破損しやすくなってしまいました。また、酸素を通す時に汚れや最近も一緒に通すため、汚れがつきやすくなったことも新しいデメリットです。

ソフトコンタクトレンズは直径がやや大き目で角膜全体をすっぽりと覆います。柔らかい材質で出来ていて、水分を多く含んでいることが特徴です。素材側柔らかいので装着した感じがいいのですが、水を解して酸素や栄養を通しやすい反面改善後のハードコンタクトと同じように汚れがつきやすいことが難点です。また、柔らかさは逆に敗れやすく寿命が短いというデメリットにもつながっています。手入れを怠ったり間違った使い方をしたりすると、感染症を引き起こすこともあるので不精な人にはあまり向きません。

しかし最近の主流は、なんといっても使い捨てレンズです。材質的にはソフトコンタクトレンズの一種で装着間が良く、新しいものを毎日使うので大変衛生的です。ただもちろん、同じレンズを何度も使いまわすのは危険なので絶対にやめてください。