視力を維持しよう!目の健康に注意して 視力を保つためのケア・治療について

視力矯正

コンタクトレンズによるトラブル

コンタクトレンズは便利な反面、直接眼球に触れるので使用法を誤ることによるトラブルは後を絶ちません。

トラブルの種類は、購入方法や販売店に問題がある場合と使用方法に誤りがあった場合の2種類に大別することができます。コンタクトレンズの購入には医師の処方箋が必要です。最近は併設診療所を設置して検査後すぐにコンタクトレンズを購入できるようにしているお店がよく見られますが、こういったお店の中には専門以外の医師が検査だけを行っている場所もあります。

専門外の人物の判断なので、コンタクト向きかどうかの判断があいまいだったり、目の病気や異常を見過ごしてしまうことがあります。また、購入時に店員からオフレコで、「実は使用期限を越えても使える」などといわれてその通りにしたら感染症にかかってしまった、という話もよく聞きますし、さっさと売ってお店の回転率を上げるためにろくに使用方法の説明をしてくれないお店もあります。行った先の販売店が信用できるところかどうかには、常に注意してください。

コンタクトレンズを装着した時にゴロゴロとした異物感があったり、充血したり、視界がかすんだりした時はコンタクトレンズの使用を中止してすぐ医師に相談してください。

涙が止まらなかったり、目の疲れが悪化したりした時も同様です。こういったとき困らないために、コンタクトレンズを常用している人でも、眼鏡は必ず作っていつでも使えるようにしておいてください。