視力を維持しよう!目の健康に注意して 視力を保つためのケア・治療について

視力矯正

老眼鏡

老眼の矯正には、老眼鏡を使用します。老眼鏡を作る際にも、眼鏡やコンタクトレンズを作る時と同じように眼科で検査を受けてください。

老眼鏡にも、いくつかのタイプがあります。単焦点タイプは、レンズが1つの焦点に合うようになっているタイプの老眼鏡です。レンズ全体でものを見ることが出来るので、広い視野を確保できます。手元が見やすいので近作業に向いていますが、近くを見る時と遠くを見るときはわざわざはずさないといけないのが難点です。

二焦点タイプは、1枚のレンズに遠用、近用2つの焦点があるタイプです。焦点の切り替えは、上方に遠用、下方に近用というタイプと、遠用レンズの下方の一部に近用レンズを埋め込むタイプがあります。遠くを見るときも近くを見るときも1つの眼鏡で済むので便利です。

レンズの中に四角く削られている部分がある老眼鏡がこれにあたります。ただし、人によっては焦点の切り替え部分の境目がわずらわしく思えてしまう場合もあるでしょう。この境目には見えない部分が出来てしまうので、少し使いにくい面があることは否めません。

他には、累進屈折タイプというレンズがあります。遠用・近用レンズの間に屈折累進帯を儲け、近くから遠くへ徐々に屈折を変えていくタイプです。に商店のようにレンズの境目がないので、周囲の人から見ても老眼鏡であるかどうかが分かりません。ただし、視野が狭くものがゆがんで見えるなどの欠点があり、慣れるまで少し時間が掛かります。近業をすることが多い人には向かないかもしれません。 老眼は65歳ぐらいまで進むので、2~3年に1度は作り変える必要があります。