視力を維持しよう!目の健康に注意して 視力を保つためのケア・治療について

レーシック手術

レーシックの仕組み

レーシックはLASIKと書き、"Laser-Assisted in Situ Keratomileusis"の略です。これは英語とラテン語、そしてギリシア語を混ぜ合わせた造語で、「レーザー照射を本来の場所に収まったままの眼球に施し、角膜を彫り整える」という意味があります。1990年ごろからアメリカで広がりはじめ、今日ではごく日常的な視力矯正手段の1つとして選ばれるようになっています。

レーシック手術では、まずマイクロケラトームと呼ばれる機械で角膜表面を削り、フラップと呼ばれる蓋上の部分を作ります。イメージとしては、潜水艦のハッチのような感じです。その潜水艦のハッチをめくると、角膜の内部(角膜実質層)が露出します。

ここを、エキシマレーザー(Eximer Laser)と呼ばれる光線で削り、角膜の屈折率を調整した後再びフラップを元の状態に戻します。近視の多くは眼球内での光の屈折率が強くなりすぎるために起こりますが、この作業によって角膜中央部が薄くなるため屈折率が下がり、結果的に近視が矯正されます。

厚すぎる凸レンズの内部に凹レンズを作るような感じです。手術自体は20分前後で終わり、視力は術後から1日程度で矯正されます。ただし、その視力が安定するまでには1週間から1か月程度かかります。フラップは時間の経過とともに安全な強度にまで回復しますが、手術前の強さにまで戻ることはありません。そのため外部からの衝撃によりフラップが外れるリスクは否定できず、スポーツ選手、とくに武術・格闘技関係者の方にはお勧めできません。

また、レーシック手術は近視が進行中の若年者は受けられません。老眼と近視のメカニズムは違うので、レーシック手術によって老眼が治ることもありません。