視力を維持しよう!目の健康に注意して 視力を保つためのケア・治療について

レーシック手術

レーシック手術前後

レーシック手術を受けるときには、手術の同意書を忘れずに持参し、セーターなど静電気の起きやすい服を着てこないように心掛けてください。また、揮発性のある香水やオーデコロン、整髪料などもNGです。

これらの物質は気化して、手術に用いられるエキシマレーザーに影響を及ぼすことがあるため施術の精度と安全性を低下させてしまう可能性があるからです。施術所まで車で来ることは避けてください。術後は視界が白くぼんやりとなってしまいます。そのような状態で車を運転して帰ると、大変危険です。

レーシックの手術後は、目に負担のかかるような運動や作業は禁止です。野球やサッカーのような球技は、顔にボールがぶつかってくる危険があるので1か月は禁止です。もちろん、武術や格闘技に関しても同様です。不衛生な水に顔を浸してしまう水泳も、合併症を防ぐためしばらくは避けてください。

マラソンやヨガのような軽い運動なら術後1週間くらいから始めても大丈夫です。パソコンなど目に負担のかかる作業を強いられる仕事に復帰するのは、早くても翌々日くらいまで待たなくてはいけません。術後は角膜に作ったフラップが安定していないのでできるだけまぶたに触れないことが大切です。こするなどもっての他。首周りのきついタートルネックの服なども避けるのが無難です。脱ぎ着するとき、無意識に目を強くつぶってしまうからです。

レーシックの手術後は、合併症の有無や視力回復の経過をチェックする必要があるので、ちゃんと定期検査を受けてください。