視力を維持しよう!目の健康に注意して 視力を保つためのケア・治療について

現代の生活と視力

疲れ眼対策

そんな疲れ眼を解消するための方法を、いくつか紹介します。 まずは、目の充血を収める方法です。充血は、目の炎症です。眼球の表面を走る毛細血管が広がってしまうことで起きる症状です。

冷やして炎症を抑えて血管祖収縮させると、充血が取れることがあります。冷蔵庫や氷水などを使って冷たいおしぼりを用意し、しばらく顔に当てましょう。その後、今度は逆に目を温めてあげると血行がよくなり、より効果的です。

長時間の作業で目がショボショボするようになったら、それは血液の循環が悪くなっているサインです。熱めのお湯でお絞りを作って、充血の時と同じように顔の周りに当ててください。お風呂に入りながらやると、より効果的です。

「目が疲れた時には遠くにある緑色のものをみるといい」という話をよく聞きます。どうやら、緑色系統の色にはリラックス効果があるようで、緑や青い色を見ながら血圧や脳波などを測るとリラックスした値を示すというデータもあります。体の疲れは精神的な疲れにも起因しますから、こういった手段で回復を図るのも有効といえるでしょう。部屋の壁紙を緑色にしたり、観葉植物を置くのもいいかもしれません。

ここまでは疲れ目を癒す方法を紹介してきましたが、最初から目が疲れないように気をつけることも大切です。テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見たり、目を使う作業をする時は細かく休憩を取って疲れが蓄積しないようにしたりすると、眼精疲労に悩まされることも少なくなります。目はあくまで体の一部ですので、バランスの取れた食生活を心がけたり、しっかりと睡眠をとるなどして普段から健康に気を使うことにも大きな意味があります。