視力を維持しよう!目の健康に注意して 視力を保つためのケア・治療について

視力に関するトラブル

近視

近視は、眼の中の光がしっかりとピントを結ばないために起こります。角膜と水晶体で集められた光はピンポン玉の内側の縁にあたる網膜に像を結び、視神経でその情報が伝えられます。この像がぼやけてしまえば、近視となってしまうわけです。

近視というのはその名の通り、近くが見えやすくて遠くが見えにくくなる現象です。近視は2種類に分けられます。軸性近視と屈折性近視です。軸性近視とは眼軸長(がんじくちょう)と呼ばれる角膜から網膜までの距離が正常より長すぎるために起こる近視で、近視になっている人のほとんどがこの軸性近視だといわれています。

屈折性近視とは、光を集めるレンズにあたる角膜や水晶体の光を曲げる力(これを屈折力といいます)が強すぎるために起こる現象です。どちらにしても近視というのは、結果的に網膜より手前で像のピントが結ばれることになるので、近くのものを見るのには適しているわけです。

人の眼球は、成長とともに大きくなります。通常ならその過程でちょうどよい屈折状態に落ち着くわけですが、遺伝的な要因や環境の影響によって眼球が必要以上に伸びてしまい近視になってしまうといわれています。この現象は、通常小学校高学年ごろから始まって成人することに止まります。ただし、まれにその進行が止まらず網膜はく離などの深刻な病気になってしまう人もいます。

暗いところで本を読むといつも以上に目が疲れ、それが蓄積すると調節緊張などが発生し、近視の原因となることがあります。近視は遺伝的な素因が大きいため悪条件下で目を使っても近視にならない人もいますが、その逆もありえます。どちらにしても、子供のいる人は注意して見守ってあげたほうがいいでしょう。