視力を維持しよう!目の健康に注意して 視力を保つためのケア・治療について

視力に関するトラブル

乱視

乱視になると、ものが二重に見えたり、ぼやけてしまったりします。これは、目に入ってくる光が、経線と呼ばれる目の方向によって屈折する力が違ってしまうために網膜上の一点に像が結ばないために起こる現象です。

乱視は、ほとんどが角膜と水晶体が原因で起こります。その中でも若い人の場合はとくに、角膜の形状の異常が原因となる場合が多く見られます。普通、角膜は綺麗なドーム型をしていますが、それがラグビーボールのような楕円形になった場合、光が強く屈折する部分と弱く屈折する部分に分かれてしまうため均一なピントの調整が出来ず、網膜にぼやけた像が映し出されてしまうのです。

角膜や水晶体が縦長の楕円形になった倒乱視(とうらんし)は、特に疲れ目を起こしやすいといわれています。乱視は一般にものがダブって見える現象だと思われていますが、実際にはその症状は様々です。ものがダブって見える場合でも本当は乱視はそれほど強くなく、近視のほうが根本的な原因だったりすることも少なくありません。

ものがぼやけて見えるだけの乱視というのもあるので、見え方だけで乱視かどうかを判別するのは難しいといわれています。基本的に、人間の目にはゆがみがあっても正しくものを見ようとする調整能力が備わっています。若いうちはその能力も強いのでごく軽い乱視なら日常生活には不自由しないのですが、老化が進んだり疲労がたまりすぎたりするとその調整能力も失われてしまうため、矯正が必要となってきます。

乱視は、軽度なら眼鏡で調整することが出来ます。ただし、強度の場合はハードコンタクトレンズでの矯正が必要になることがあります。レーザーによる屈折矯正手術でも、かなり強い乱視からの回復が見込めます。