視力を維持しよう!目の健康に注意して 視力を保つためのケア・治療について

視力に関するトラブル

遠視

遠視は、近視と同じように角膜から網膜までの長さである眼軸長や、角膜や水晶体の持つ光を曲げる力、つまり屈折力の異常により引き起こされます。近視は眼軸長が長すぎたり屈折力が強すぎるために起こる現象でしたが、遠視はその逆で、眼軸長が短すぎたり屈折力が弱すぎたりする時に起こります。そうすると、集まった像のピントが網膜より奥で合うことになり、視界がぼやけてしまうのです。

遠視は、その名前からよく「近くのものが見えにくくなる代わりに遠くが見えやすくなる」と思われていますが、これは全くの誤解です。たしかに近視は遠いものが見えにくい代わりに近くは見やすいものでしたが、遠視は遠いものが見えにくく、近くのものはより一層見えにくくなってしまうという厄介なものです。

そのため、近視よりもずっと疲れやすくなってしまいます。それもただ疲れるわけではなく、目の痛みや頭痛を伴うケースが少なくありません。遠視である子供の場合、こうした目の異常からくる行動が誤解されて「集中力がない」とか、「机に向かうのを嫌がる」などと思われてしまいがちです。

困ったことに遠視は近視のように簡単な検査で発見することができないためその誤解がいつまでも尾を引いてその後の子供の成長に影響を与えてしまうことがあります。

人間の目には、見える像に異常があってもなんとか正しくものを見ようとする調整能力が備わっています。その調整能力が加齢によって失われてしまった場合、遠視の人の場合は特にものを見ることが困難になってしまいます。また、老眼の症状が現れる時期も他の人よりずっと早くなってしまうのが特徴です。